BLOG

BLOG


ダビが頑張ってるのを見ると

自然と笑顔になる

彼とハワイで買い物をしていた時

急にサッカーの靴が欲しいと言った

ダビには、脚はない。

片方に足があるが、

何故サッカーシューズが欲しいんだろう?

でも誰にも止める権利は無い

私は彼の言ったサイズを

必死で探した。

ダビは、いつもベストを探す

だから私の見つけたものは、

なかなか

いいとは言わなかった

遂に見つけたペアー

でも片方だけサイズ違いだった。

私が溜め息をつくと

ダビは、

これで決まり

僕は、片方だけいるから、

もう片方を

必要な子にあげよう

そう 言った

ダビは、この靴を買うことで

手足が無くても

なんだって出来ると

世界に言いたいんだと思った。

現実に、

サーフボードがあったから

今ダビがプロサーファーになった様に

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。