BLOG

BLOG

母との時間

ある日突然、

腰が痛いと言って

から横になってばかりの母

接骨院への送り迎えが続く

休めるより筋肉をつける事

そのモチベーションが

痛みによって

持てずに随分と時が過ぎた

私はコーチングの資格を持ち

スポーツも長く続けている

リハビリの施設でも働いた経験から

誰よりも母を歩かせたかった

リハビリをしているお年寄りを見ていて

そこに生まれる前向きな気持ちや

エネルギーは 

若くてまだやりたい事が

沢山ある私達の様に

簡単に持てるものでは無い事もよく知っていた

今回もそこがとても難しかった

モチベーションが持てないでいる人に

どう寄り添うか?

何度も声をかけて

じっと待って

また寄り添って

見守って

励まして

今日は、はじめて自分から

行って来ますと

歩きに行った。

私はジャンプして喜びたいところを

冷静に はい 行ってらっしゃいと言った

30分して何時もより明るい声で

一度も止まらずに歩けたと

嬉しそうに帰ってきた

この一回 がとても重要

一番にまずは

自分からやろうと思ってやった

いい結果が出た

いい気持ちになれた

この経験があってはじめて

次に繋がっていく

リハビリは周りの人にとっても

チャレンジであり

学びでもあり

喜びでもある

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。